皆さんは、青魚のアレルギーについて聞いたことがありますか?

青魚のアレルギーは、ある日突然起こることもあり、注意が必要なアレルギーです。

青魚のアレルギーが起きるとどんな症状が出るのでしょうか。

症状によってかかる病院も変わってくるので、そのあたりも踏まえて、青魚のアレルギーの対策を紹介します。

【スポンサードリンク】

青魚のアレルギーってどんなもの?

青魚と言ってもたくさん種類がありますね。

代表的なものは、アジやサバ、イワシやカツオなどです。

きちんとした青魚の定義はなく、背中が青い魚を全般的に青魚と呼びます。

そして、よく聞かれる青魚のアレルギーは、サバアレルギーです。

サバに含まれるヒスタミン菌が原因で起こる、ヒスタミン食中毒です。

サバアレルギーを代表とする青魚のアレルギーを起こすと、様々な症状がみられます。

見た目にわかるものでは、蕁麻疹、皮膚の赤み、まぶたの腫れや目の赤みなどです。

ほかの症状は、腹痛や、下痢・嘔吐などがあります。

これらの症状がひどい場合には病院へ行って治療しなければなりません。

また、まれにですが、アナフィラキシーショックを起こすこともあるので注意が必要です。

アナフィラキシーショックを起こすと、呼吸困難など重篤な症状を起こすこともあります。

こんな時は一刻を争うので、早急に治療を行うようにしてください。

【スポンサードリンク】

アレルギー症状が出たらどうしたらいいの?

青魚のアレルギーは先ほど書きましたが、蕁麻疹や皮膚の赤みが出たら皮膚科へ行ってください。

青魚を摂取したことを伝えれば、ヒスタミン食中毒の治療をしてくれます。

腹痛や下痢・嘔吐の場合は内科に行きます。

もしくは消化器系でも大丈夫です。

こちらでも青魚を食べたことを話せば、すぐに原因がわかるので治療してもらえます。

そんなにひどくない場合も含め、治療をして一日から数日安静にすれば、たいていのアレルギー症状は治まります。

しかし、先ほども書きましたが、アナフィラキシーショックの恐れがある場合は家で安静ではなく救急です。

自分の症状をきちんと見極めて、病院に行くなど対策をしてください。

アレルギーが出ないようにするにはどうしたらいいの?

青魚のアレルギーは、持って生まれた体質というよりは突然出ることもあり、年齢が上に行くにつれて多く見られます。

また、普段は青魚を食べても平気な人が、体調不良の時にアレルギーを起こすこともあります。

なので、今まで全くアレルギーを起こしたことがない人でも起こる可能性があることを覚えておいてください。

そうなると、アレルギーが出ないように対策をしたいですよね。

まず、どの食べ物もそうですが、青魚を食べるときは新鮮なものを食べるようにしてください。

鮮度が落ちれば、その分ヒスタミン菌が増え、アレルギーを起こす可能性が高くなります。

また、加熱して食べるのも予防になると思われます。

どうしても生で食べたいときは新鮮なものを、出来れば加熱して食べるのがいいでしょう。

体調が思わしくないときも、食べるのを避けたほうがいいですね。

鮮度や体調に不安があるときは、摂取しないようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

青魚のアレルギーについて調べてみました。

青魚のアレルギーは人によって、また体調などでもいろいろな症状が出ることがわかりました。

症状が軽ければ安静にして治りますが、ひどいアレルギーのときは早めに病院へ行きましょう。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】