足をぶつけて青あざが目立っていやだなと思ったことはありませんか?

顔の青あざが目立って恥ずかしいと感じたこと。

顔の青あざはきちんとした手順で温める方法等の処置をすれば早く治すことができます。

そもそも青あざって、ぶつけたときは痛いです。

と思ったら意外と大きくあざがついてしまったり、知らない間になぜかついていたりしますよね。

顔は他の人から見える場所なので恥ずかしい気持ちになります。

それでは、顔の青あざを出来るだけ早く治し、早く治すにはどうしたらよいのか今回は温める方法を中心に紹介しようと思います。

【スポンサードリンク】

顔に青あざができる原因について

ぶつけた後に、予想以上に大きなあざになると、自分でもビックリしますよね。

青あざって、そもそもは内出血です。

単純に言えば、ぶつけた衝撃で、皮膚の下で出血しちゃったってことなんですね。

打撲などの内出血は、体の表面で起こるので目に見えるわけです。

身体にできた青あざは、特に目立つ部位であれば、できるだけ早く治したいという方がほとんどです。

足や腕、特に顔の青あざは、周りの目も気になってしまいます。

まず、できるだけ早急に冷やすようにして下さい。

早く治すためには、24時間以内に顔の青あざの部位を冷やす必要があります。

あざができた部位は炎症が起きていますので、熱を持っています。

冷やすことで、炎症を抑えることができます。

病状の悪化を防ぐのが目的ですので、なるべく早く冷やすことが、治りを早くする方法となります。

冷やし方としては、直接氷や保冷剤などを患部に当てるのはNGです。

患部に刺激を与えてしまうからです。

必ずタオルや布に包んでから冷やすようにしましょう。

青あざができた部位を冷やすことによって、腫れはひきます。

また、冷やすことによって、患部周辺の血液の流れを滞らせることができます。

結果、血液が過剰に滞ることで起こる腫れをひかせることもできます。

十分に冷やした後は、次に患部を温めることによって、顔の青あざの治りを早くすることができます。

顔にできた青あざを早く治す

顔の青あざを早く治すには初期の対応は、アイシング処置です。

内出血が始まったばかりのときは、内出血が続く可能性が高いので、アイシングを行うことによって抑えられます。

スポーツ選手用向けのアイシングパックや氷嚢などを利用して、できるだけ患部に冷たい部分が密着するようにアイシングをします。

このことで、内出血部分から発生している熱を奪って早く治すことに貢献していきます。

アイシングを行う期間は、24-72時間程度にして、青あざがひろがっていないこと、腫れが引き始めているかを確認します。

【スポンサードリンク】

顔を温めることでて治す

回復期はホットタオルなどで温める温熱療法に切り替えるといいでしょう。

36~37度程度の体温に近いぬるま湯に浸したタオルを患部に直接のせてあげるといいでしょう。

患部周辺を温めることで血液の流れを促し、自然治癒力を高めることで回復を早められるそうですよ。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】