お酒を飲み過ぎると翌日から下痢が続くことはありませんか?

数日して収まるケースが大半ですが、中には毎日下痢が続く方もいるかもしれません。

では、お酒を飲み過ぎるとなぜ下痢になってしまうのでしょうか?

そして、下痢にならないためにはどんな対策をとると良いのでしょうか?

【スポンサードリンク】

お酒の飲み過ぎに注意!下痢が続く原因とは?

お酒を飲み過ぎた次の日は下痢になってその後も症状が続くことがありますよね。

では、お酒を飲むとなぜ下痢になってしまうのでしょうか?

水分を摂りすぎる

大量に水分を摂ると腸の中で水分の吸収が追い付かずそのまま体外へ排出されてしまい、下痢になってしまいます。

消化吸収の機能が低下する

お酒を飲むと腸での消化や吸収がうまくできなくなり、下痢を起こしやすくなってしまいます。

また、長い間、毎日のようにお酒を飲み続けている人は、小腸にある消化酵素の働きが低下している状態ですので、慢性的に下痢が続くことが多いようです。

また、お酒は胃や腸を通るときに粘膜を傷つけるため、お酒を飲むたびに胃や腸が荒れてしまい、ますます胃腸の機能が弱まってしまうのです。

③小腸の「ぜん動運動」が活発になる

お酒を飲むと自律神経が刺激され小腸が食べ物を運ぶ「ぜん動運動」が活発になってしまい、食べ物が小腸を通過するスピードが早くなってしまいます。

すると、十分に消化吸収されないまま運ばれ下痢になってしまうのです。

④消化液である「胆汁」の生成が追いつかない

食べ物を消化吸収するために必要なものとして消化液があげられますが、その消化液である「胆汁」は肝臓でつくられています。

しかし、肝臓はアルコールの分解を真っ先に行ってしまうため、お酒を飲み過ぎるとアルコールを分解することで肝臓がいっぱいになってしまい、胆汁をつくる作業が遅くなってしまいます。

その結果、食べ物は十分に消化吸収が行われないまま腸内を通り過ぎてしまい、下痢へとつながってしまうのです。

【スポンサードリンク】

お酒を飲み過ぎて下痢が続く…対策法とは?

では、お酒を飲み過ぎて下痢が続く際、どういった対策を行ったらいいのでしょうか?

【お酒を飲む前】

①肝臓を助けるタウリンの入った栄養ドリンクを飲む。

②胃腸が荒れないように、乳製品やみそ汁、乳酸菌飲料で胃腸に膜をはりましょう

【お酒の飲む際】

①チビチビとゆっくりと飲む。

②お酒は飲み過ぎない

脂っこいものは食べない。

④消化吸収に良い食べ物をとる。

豆腐・枝豆など豆類

…低カロリーで消化吸収によく、たんぱく質が豊富。

アルコールで消費されるビタミンB1やアルコール分解後に必要なビタミンCも豊富。

タコ・イカ

…肝臓の機能を高めるタウリンが豊富。

チーズ

…腸内環境を整え、胃腸に負担が少ない。

【お酒を飲んだ後】

体を冷やさない

②肝臓の働きを助ける栄養ドリンクやサプリをとる。

水分補給をする。

こういった対策を行って、長く続く下痢から解放されるかもしれません。

ぜひ意識的に行ってみましょう。

下痢が続く場合は、お酒の飲み過ぎに注意しましょう。

お酒が好きな方は多いと思いますが、お酒を飲み過ぎてしまうと胃腸や肝臓に負担がかかり、その結果下痢になってしまいます。

また、毎日のようにお酒を飲むとこういった下痢の症状が続く原因となり、ひどくなると肝臓病糖尿病などの病気になってしまう可能性もあります。

下痢が続く原因は、お酒の飲み過ぎが問題なので、量に気を付ければ下痢の症状も自然と治まっていきます。

なるべく胃腸に負担をかけないように対策をしてお酒を飲むようにしましょう。

【スポンサードリンク】