赤ちゃんのお世話をしていると、いろいろな疑問にぶつかりますね。

特に、毎日欠かさないことの一つがおむつ替えです。

赤ちゃんの便は本当によくいろんな種類のものが出ますが、下痢をして緑色の便が出て驚いたことはないですか?

下痢をした上に便が緑だと、何かの病気ではないかと心配です。

赤ちゃんが下痢をして、便の色が緑だった場合の原因などを探っていきましょう。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの便は健康のバロメーター

よく「赤ちゃんのウンチは健康状態を知るのに役に立つ」と言われますが、下痢をして緑の便はどうなんでしょうか?

まずは下痢ですが、赤ちゃんはなかなか大人のような形のある便はしません。

ミルクを飲んでいる赤ちゃんは形があまりない下痢をすることが多いです。

また、感染性胃腸炎で下痢になることも多いです。

感染性胃腸炎は赤ちゃんがよくなるので、これもあまり心配はいらないでしょう。

しかし、長く下痢が続き、赤ちゃんの機嫌が悪い、ぐったりしてる、などの場合は病院へ行きましょう。

何らかの病気の可能性があります。

そして下痢が続くときはおむつの中が蒸れて不快にもなりますので、まめにおむつ替えをしてあげてください。

【スポンサードリンク】

緑の便が出た!これは病気??

下痢だけでも心配ですが、便が緑だとびっくりしますね。

初めて赤ちゃんの緑の便を見たら、お母さんたちは不安になるでしょう。

しかし、安心してください。ほとんどの緑の便は、病気ではありません。

赤ちゃんの便が緑になる原因は、肝臓の働きに関係してきます。

肝臓から出る胆汁色素「ビリルビン」というものが、便を緑色にしているのです。

健康な赤ちゃんでも、ビリルビンによって便が緑になることは珍しくないのです。

また、ビリルビンを含んだ便がおむつの中で空気に触れても便は緑になります。

これも、病気のサインではないので安心して大丈夫です。

まれに、腸内環境が通常なら酸性であるのがアルカリになったときも便が緑になります。

腸内環境が元に戻れば便の色も緑ではなくなるので大丈夫です。

見たことのない緑の便を見ると心配ですが、多くは病気とは無関係です。

注意しなければならない緑の便もあります

ここまで書いたのは健康な赤ちゃんでも緑の便が出るというお話でしたが、気を付けることもあります。

まずは、緑の便が延々続く時です。

これは、便を緑に変えるビリルビンが原因ではなく、赤ちゃんが黄疸である可能性があります。

黄疸は放置すると重症化しますので、早めの治療が必要です。

あまりにも長い間、緑の便が出るようでしたら、診察を受けたほうがいいかもしれません。

病院に行くときは、緑の便がついたおむつを持っていくといいでしょう。

お医者さんに便の状態を見せることで、しっかり原因がわかります。

それから、下痢が続くと赤ちゃんが脱水状態になります。

下痢だからと水分を控えがちですが、赤ちゃんの体内には水分が必要ですので、こまめに水分補給をしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

赤ちゃんが下痢をして、便が緑だった場合の原因を書いてみました。

緑の便は、健康な赤ちゃんでもする便なので、基本は気にしなくて大丈夫です。

緑の便が長期間続くときは注意してください。

下痢の時は水分補給を気を付けることも忘れないでくださいね。

赤ちゃんの機嫌を見てあげるのも大事ですよ。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】