赤ちゃんを蚊から守るために部屋の対策はどうすればいいのか?

夏場のお母さんの永遠の課題だと思います。

赤ちゃんは大人以上に蚊の持つ毒に対して敏感ですし、かゆいのもがまんさせるのはかわいそうですよね。

ということで今回は赤ちゃんを蚊から守るための部屋の対策についてご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんに蚊が与える影響

せっかくすやすや眠っている時に蚊のプーンという羽音で赤ちゃんが目覚めてしまったり、刺されたかゆみを我慢できなかったり…。

蚊は私達大人にとっても嫌な害虫ですが、赤ちゃんにとっては脅威にもなりうる存在なんです。

蚊はそもそも人間にどうやって近づいているのかといえば、その体温や二酸化炭素に寄せられてやってきます。

赤ちゃんは大人よりも呼吸が早く体温も高いため、実は蚊の標的になりやすいんです。

また赤ちゃんの肌は敏感で、蚊の毒に対する耐性が大人よりも弱いため、蚊に刺されてしまうと痕が腫れたり水ぶくれのようになってしまうこともあります。

さらに、赤ちゃんはかゆいのを我慢できませんから、蚊に刺されたところをかきむしってしまい、とびひなどの感染症を引き起こしてしまうことも。

このようなことを避けるためにも、大人が赤ちゃんを蚊から守ってあげるための対策を打つ必要があります。

部屋の中に蚊がいるとどうしても守りきれませんから、部屋に蚊がいないようにする対策が重要です。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんのための蚊対策その1 物理的に蚊を遠ざける

赤ちゃんを蚊から守るための対策として、まず重要なことは部屋に蚊が入ってこれない環境を作ることです。

例えば、部屋の窓を開ける時にはかならず網戸を使用したり、蚊帳を使用して赤ちゃんの周りに蚊が近づいてこれないようにしたり。

こうした対策を打てば蚊は赤ちゃんを刺すために寄ってくることができなくなりますから、赤ちゃんも安心して眠ることができますね。

赤ちゃんのための蚊対策その2 蚊取り線香など

赤ちゃんのための蚊対策その2として、蚊取り線香などの薬品を使って、部屋にいる蚊を退治するという方法も必要です。

蚊を近づけさせない環境を作った上で、すでに部屋にいる蚊をなくせば蚊は一切いなくなりますからね。

ただ、ああいった商品を赤ちゃんのいる部屋で使っても大丈夫なのか、心配になるお母さんもいることでしょう。

でも安心してください。

蚊取り線香の煙は直接吸い込まなければ人体には影響がない成分でできており、電気式のベープやアースノーマットなどもメーカーから乳幼児に対して無害であると保証されています。

ただしどちらも煙や霧状の薬剤の濃度が濃い状態で直接吸い込むのは刺激が強く体には良くないので、部屋の中の赤ちゃんから離れた場所で使用すると良いでしょう。

また、蚊取り線香の使い終わった燃えカスなども、赤ちゃんがいたずらしてしまわないように、高いところに置くか、使用し終わったらすぐに片付けるなど気をつけてください。

最後に

部屋で赤ちゃんを蚊から守るための対策についての情報をまとめてきました。

赤ちゃんが夏場でも安心して眠れるように、ちゃんと守ってあげてくださいね!、

【スポンサードリンク】