最近うちの赤ちゃんの顔が乾燥して湿疹のようなものが出てきたんです。

心配ですね。赤ちゃんの肌はデリケートです。

皮膚はとても薄く、繊細なのでちょっとしたことで荒れてしまいます。

今回はそのうちの一つ「乾燥性湿疹」について調べてみました。

原因や症状、治療法を知って赤ちゃんの肌をケアしてあげてくださいね。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの乾燥性湿疹

お母さんのお腹の中では羊水に守られていたのに、赤ちゃんは外の世界に出たとたんに強い刺激を受けます。

羊水で潤っていた肌は、乾燥した空気にさらされてしまうことになります。

生後3ヶ月頃までは皮脂が大量に分泌されているので乾燥から守られています。

3ヶ月以降になると、だんだん皮脂の分泌が落ち着いてきて肌が乾燥し始めます。

乾燥に耐え切れずに肌が荒れてしまうのが「乾燥性湿疹」です。

特に顔などの外に晒される部分や、お腹や背中など面積の大きい所に出来やすいと言われています。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんを乾燥から守ろう

赤ちゃんが顔や首を痒くて掻いてしまったり、痒くて泣いてしまったりしたら可哀想ですね。

基本的に乾燥性湿疹は保湿をしていれば自然に治ります。

肌を保湿して乾燥を防げば良いのです。

肌全体、特に乾燥がひどい部分に保湿クリームや乳液などを塗ってあげてください。

使うのはベビー用の保湿を目的とした物を塗りましょう。

肌が敏感な赤ちゃんに刺激が少ないように出来ているので安心です。

赤ちゃんが搔きむしらない対策をしよう

乾燥性湿疹でよくあることが赤ちゃん自身が自分で顔を掻きむしってしまい、ばい菌が入って炎症をおこしてしまったり、湿疹が悪化してしまうことです。

痒くて掻きむしることのないように、対策として赤ちゃんの指の爪を短く切ったり、グローブをはめて顔を傷つけてしまうことを防ぐようにしましよう。

また、毎日入浴を行い肌は常に清潔に保つようにしてあげて下さい。

熱いお湯は赤ちゃんの肌をますます乾燥させてしまうため、熱めのお湯は避けて短時間でお風呂が終わるように心がけてみて下さい。

もちろん、赤ちゃんの入浴後の保湿ケアも念入りに行ってあげましょう。

赤ちゃんの湿疹はアトピーにつながることもある

肌が乾燥して顔や体が乾燥しているとバリア機能が低下していると言えます。

肌を守るバリア機能が低下すると、アレルギーの原因となるアレルゲンが侵入しやすくなり、アトピー性皮膚炎の発症に影響を与えるといわれています。

赤ちゃんのときに保湿をしてあげるかどうかが大人になったときの肌の状態を左右します。

こまめに保湿するのは大変かもしれませんが、赤ちゃんの肌を守るための対策として根気強く続けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんの肌はデリケートで季節に関わらず、乾燥してしまうことがわかりましたね。

赤ちゃんの顔が乾燥性湿疹になる前に、お母さんがこまめにケアをしてあげて防げるようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】